大腸がん 放射線療法

大腸がんで放射線療法を行う場合

大腸がんの治療のひとつに、放射線治療があります。

 

放射線治療は高エネルギーX線をがん化した細胞に当てることで、
がん細胞の増殖を抑えたり、細胞を死滅させる効果があり、
痛みを抑える効果があります。

 

ただし放射線治療はどのような大腸がんでも行えるわけではありません。

 

例えば外科手術の前に患部を小さくするために行われたり、
他の臓器に転移している場合などに行われます。

 

化学療法と併用して治療されることが多く、
放射線だけで治療されることはありません。

 

あくまで大腸がんは外科手術が基本的な治療法なので、
放射線治療は補助的に使われることが多いでしょう。

 

放射線治療は化学療法と組み合わせることが多く、
合わせて治療することでがんの完治を目指します。

 

大腸がんも転移していると、手術では患部を取り除くのが難しくなってきます。

 

骨や脳に転移があると危険も伴うため、
放射線療法を中心に治療を進めることもあります。

 

がんは進行すると痛みを伴うため、
痛みを軽減させる目的で放射線治療が使われます。

 

鎮静剤でも効かない痛みには、放射線による治療が効果を発揮します。

 

痛みの緩和ケアだけでなく、再発防止にも有効です。

 

がんは一度治療が終わっても、再発のリスクが付きまといます。

 

再発防止のために、放射線療法でがん細胞をケアしてけば、
後々に再発する可能性を下げられます。

 

大腸がんのなかでも直腸がんは特に再発率が高いので、
放射線療法を取り入れることが多いです。

 

放射線治療はがんの治療と再発予防に効果的な治療と言えるでしょう。