大腸がん 症状

大腸がんはどのような症状か?

大腸がんの代表的な症状は血便や下血など、便に血が混じる症状です。

 

大腸の患部から出血すると血便が起こって、便に血が混じるようになりますが、
痔とも間違いやすいので、検査を受けるのが遅れてしまう場合もあります。

 

血が混じる以外にも便が細くなったり、便が残っているように感じる場合もあります。

 

腹痛が起こったり、便秘と下痢を繰り返したりすることもあって、
症状だけでは大腸がんとは気がつかないこともあるのです。

 

便秘と下痢が交互に起こる場合は特に注意が必要で、
がんが進行していることも多いので、少しでも早く検査を受けるようにしましょう。

 

血が混じっていないからといって安心は禁物です。

 

盲腸がんなどの場合は、肛門から遠い場所にできていると、
血便になっていても気がつかないこともあって、
がんがどこにできるかによって症状も変わってきます。

 

実は大腸がんは自覚症状が少ないがんとしても知られています。

 

大腸がんの特徴でもある血便も、便の表面に血がついているくらいなので、
見た目の色も似ていて気がつかない人も多いようです。

 

そのため、貧血を起こして初めて自分が大腸がんだったことに気が付くことも多いので、
普段から便の回数や状態に気をつけておくことが大切です。

 

定期健診も受けておくことも早期発見につながります。

 

また、食べ過ぎたときと同じようにお腹が張るのも大腸がんの症状です。

 

気が付きにくい症状ですが、膨張感を感じたり、しこりを感じることがあれば、
進行性の大腸がんである可能性もありますから、
お腹の不調の原因がわからないときは病院で診察してもらうようにしましょう。

 

ただでさえ大腸がんの症状は分かりにくいですが、
症状がないのに肺や肝臓に転移しているときもあるので、
気になる症状が出たときには、小さな変化でも検診を受けておくことが大切です。