大腸がん 直腸がん 症状

大腸がん・直腸がんはどんな症状?

大腸がんの中でもがんができやすいのは、肛門に近い直腸です。

 

直腸は、S字結腸の先の腸の出口の部分にあり、肛門に近いため、
がんの症状が早い段階で現れやすいのが特徴です。

 

そのため、直腸がんは早期発見しやすいがんとも言えます。

 

直腸がんは血便が出たり、下血が生じたりします。

 

血液が混じるときは鮮血に近い色の血液が便の表面に付き、
粘液が混じることもあり発見しやすいです。

 

ですが、血便は痔とも間違えやすいので、
気になったときは消化器科を受診したほうが良いでしょう。

 

大腸がんの傾向として、血便以外にも排便時に便が出にくかったり、
違和感を感じることもあります。

 

お腹にガスが溜まったような張りを感じることもあるでしょう。

 

大腸がんが進行すると、便が細くなってくることもあります。

 

これはがんの患部が成長することで直腸が圧迫され、
直腸内部が細くなることで便が細くなってしまうのです。

 

このような症状が現れたらがん細胞が大きくなっている可能性が大きいです。

 

便が細くなる状態が長く続くと、腸が詰まって
腸閉塞を起こしてしまうこともあるので危険です。

 

腸閉塞で緊急手術になる場合もあるので早めに検査を受けておきましょう。

 

また、がんがあることが原因で、便意をもよおすのに排便がなかったり、
便意があっても少量しか出ないような「しぶり腹」と呼ばれる症状が起こることもあります。

 

直腸がんの症状はさまざまで個人差があると言えるでしょう。

 

大腸がんのなかでも直腸がんにかかる割合は高く、日本人がかかりやすいがんの一つです。

 

直腸がんは幸い、早期から自覚症状に気づきやすい大腸がんなので、
排便時には便の状態に注意して、異常がないか、
体調に異変はないか気をつけておきましょう。