大腸がん 検査

大腸がんの検査方法について

大腸がんになっているかどうかは検査をすれば分かります。

 

ここでは大腸がんの一般的な検査方法について説明します。

 

大腸がんの検査は消化器科で大腸がん検診を申し込みます。

 

問診表を渡されるので、自分の状況を答えます。

 

医師からは過去の病歴や現在の状況、
大腸がんになった家族がいるかどうか等の質問をされます。

 

その後、腹部触診でお腹を押したり、直腸指診で肛門に指を差しいれるなどして、
大腸に異常がないかを調べる診察が行われます。

 

触診以外にも、大腸内を目で見て確認する検査もあります。

 

大腸に筒を挿入して、大腸の内壁に腫瘍がないかどうかを調べる、
直腸鏡検査や肛門鏡検査などがあります。

 

その他、血液を見てがんにかかっているかどうかを調べる血液検査や便潜血検査を行って、
陽性なら大腸がんにかかっています。

 

血液検査で陰性だからといっても、
大腸がんである可能性があるので要注意です。

 

さらに詳しい検査として、注腸造影検査や内視鏡検査を行います。

 

いずれも腸の内部をより詳しく目で見て確認できるもので、
注腸造影検査は肛門からバリウムを入れてレントゲン撮影します。

 

これによってがんやポリープの有無や患部の位置と大きさの確認に役立ちます。

 

内視鏡検査は内視鏡を肛門から差し入れて行います。

 

医師がモニターを見ながら大腸の内部を観察でき、ごく早期の大腸がんなら、
内視鏡の先につけた検査器具で取り除くこともできるので、
検査しながら治療もできるのです。

 

さらに詳しく調べるなら、超音波検査、CT検査、MRI検査なども行うと
より正確にわかるでしょう。

 

大腸がんを少しでも早く発見するために、
適切な検査を受けて現状をしっかり把握しておきましょう。