大腸がん 治療法

大腸がんの治療法

大腸がんの治療は大きく分けて3つの方法があります。

 

最も一般的なのは手術療法で、外科手術を行う方法です。

 

手術療法は開腹手術や内視鏡を使った治療で、
患部の大きさや場所、がんの進行度合いによっても手術方法は変わってきます。

 

化学療法は、抗ガン剤で大腸がんのがん化した細胞を小さくし、
病巣を消失・寛解していきます。

 

化学療法は手術と併用することもあり、最初に化学療法で患部を小さくし、
次いで手術で取り除くこともあります。

 

あるいは、末期がん患者の延命のために抗ガン剤を使うこともあります。

 

放射線療法は、大腸がんの患部に放射線を照射して、
がん細胞を消滅させる方法です。

 

がんが再発したときにも放射線療法は使われますが、
さまざまな副作用が出ることがあるので、放射線療法を選ぶ場合は
慎重に決めたほうが良いでしょう。

 

副作用としては、倦怠感や食欲不振、下痢などが起こる可能性があります。

 

大腸がんにはこのような治療法が代表的ですが、どれか一つの治療法というよりは、
いくつかを組み合わせて複合的な治療が進められることも多いです。

 

それぞれの治療法をどう組み合わせていくのかは、
医師と相談しながら進めていくことになるでしょう。

 

その他の大腸がんの治療法としては、免疫療法もあります。

 

病気に対する抵抗力を治療に活かす方法で、
患者の免疫力を高めることでがんに立ち向かおうとする方法です。

 

手術後などに免疫力を高める薬を摂って、完治させる治療法です。

 

その他、漢方薬を使う漢方療法や、最先端の医療技術である遺伝子治療などもあって、
これからのがん治療に期待がかかっています。

 

このように、大腸がんの治療法もさまざまな種類がありますので、
患部の状態や体質を見て、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。