大腸がん 化学療法

大腸がんの化学療法とは?

大腸がんの中でも、手術後に再発を予防するための補助化学療法と、
根治ができないがんに対する化学療法と、大きくわけて2種類あります。

 

手術でがんを除去しても、転移があったときに再発する確率が高くなります。

 

手術後に化学療法を行うと、再発を防止したり、
再発までの期間を伸ばしたりすることができますが、
これを補助化学療法といいます。

 

化学療法は、抗ガン剤を点滴や注射、服用することでがん細胞に働きかけて、
これ以上がんが進行しないようにします。

 

大腸がんの治療に使われる抗がん剤は、
フルオロウラシル、イリノテカン、そしてアイソボリンなどがあります。

 

こうした薬は、延命や生活の質の向上を目的として使われる機会の多い薬剤です。

 

単体で使われたり、複数を組み合わせて
より効果を上げるために使われたりしています。

 

抗がん剤は大腸がんにとって効果的ではありますが、副作用もあります。

 

大腸がんに限らず、がん化した細胞は細胞分裂が非常に盛んです。

 

そのため抗がん剤を使うことで、
細胞のDNAに働きかけてがん細胞を縮小し消滅させます。

 

がん細胞を縮小・消滅させる際に、健康な細胞までにダメージを与える場合もあり、
それが副作用となって現れます。

 

例えば毛根細胞がダメージを受ければ脱毛したり、
造血細胞なら赤血球や白血球に影響がでて、
血小板が作られずに貧血になることもあります。

 

また、消化器官のがんなら吐き気につながりますし、
がん細胞の場所によっても副作用の出方が違ってきます。

 

抗がん剤はがん治療にとって重要なお薬ですが、
メリットとデメリットを把握し、納得した上で治療を受けるようにしましょう。